介護保険のしくみとお金がわかる
【社員限定ページ】介護事務講座
〈教材のみ /4点〉

5,500(税込・送料無料)

こちらは、ソラスト社員(グループ含む)向けの講座申込ページです
なお、他リンクをクリックしますと、一般ページへ遷移してしまいますのでご注意ください。
※ソラスト社員の方は、購入後に特典として学習サポート動画を無料でご視聴いただけます。
医療事務講座 スタンダードコースやホスピタルコンシェルジュ講座等の動画が視聴できます。
動画の掲載先は別途メールにてご案内します。

※お申込み後は、いかなる場合においても返金は承れませんのでご了承ください。

※教材のみの販売となります。
通信教育講座は2023年12月をもって販売終了いたしました。

介護保険の“しくみとお金”がわかる教材。
介護従事者の方のキャリアアップにも、ご自身や家族のためにつながる学びとしてもおすすめ!

介護事務講座の特長

介護保険の基本やしくみ、費用のことをしっかり学び、「介護事務管理士®」資格取得も目指せる教材

いざ介護サービスを利用したい時、しくみを理解しスムーズに利用できるように。介護を提供する側は、正しい知識のもと介護報酬請求をおこない、より良いサービスを提供できるように。介護にかかわるすべての人が理解しておくべきしくみをわかりやすくひも解きます。

対象者

  • 介護保険制度のしくみや費用について理解したい方
  • 介護報酬の知識を身につけたい方
  • 介護分野でキャリアアップしたい方

動画で見る介護事務講座の魅力

  • 【サンプル動画】無理のない上手な勉強法

  • 【サンプル動画】わかる!テキスト2の進め方

教材

1日5分!スキマ学習でもしっかりわかる教材

わかりやすさを徹底追求し、段階的に細かく区切ったカリキュラム。一つのユニットごとポイントをおさえて、着実に学ぶことができます。だから、1回5分のスキマ時間学習も可能!無理のないスモールステップで、知識と自信を積み上げながら進められます。

メインテキスト2冊、資料ブック、レセプト記載ルール

最新の介護保険制度対応!2024年度版

実践で発揮できるスキルを身につけていただくためにも、最新制度に対応した安心のテキスト。重要ワードもひと目でわかる、充実のテキストです。

目的にあわせて範囲が選べる選択制!

目的や状況にあわせて、自分に必要なサービス分野だけを選んで学んでいただくことが可能です。もちろん全てを学ぶのもOK。居宅および支援サービス、施設サービス、地域密着型サービスを選択制で学べるから、無駄なく、効率的に学習できます。

[標準学習期間] 2〜3ヶ月

この講座で目指せる資格
「介護事務管理士®️」

「介護事務管理士®️」は、1965年、日本で初めて医療事務の資格試験を始めた技能認定振興協会(JSMA)による認定資格です。
利用者さまに対する接遇力はもちろん、正確な介護報酬を算定する知識とスキルの証となります。

通信講座で目指せる資格
介護事務管理士®

利用者さまに対する接遇力はもちろん、正確に介護報酬を算定する知識とスキルの証となります。在宅受験が可能です。

試験の特徴

  • 「在宅受験」
    テキストを見ながらでOK
  • 「毎月開催」
    土日受験で予定がくみやすい
  • 介護サービスを選べる
    選択制&マークシート形式
    マークシート方式

試験概要

 

試験方式

在宅試験
年12回(毎月開催)
マークシート形式

・学科試験(法規 介護保険制度、介護報酬の請求についての知識)
・実技試験(介護給付費明細書を作成するために必要な知識)
※全て択一式

受験料 5,500円(税込)
資格名
(主催)

介護事務管理士®️(技能認定振興協会)

介護事務とは

介護事務とは、介護に関する事務全般を扱う仕事。
介護サービス提供に欠かせない存在

介護保険制度に基づき介護サービスを提供する介護事業所や福祉施設。そこでは、サービス提供の対価として、介護報酬を請求する業務が必ず発生します。この介護保険制度の仕組みを理解し、介護報酬請求を正確に行う知識・スキルは、サービス提供機関の経営を支えるうえで不可欠です。

介護事務のしくみ

ますます増える介護サービス利用者。 介護保険の仕組みと費用の正しい知識が必要

超高齢社会で、介護サービスを利用される方や介護サービスを提供する事業所の数も増えています。ますます拡大する介護業界において、介護事務の知識は必須といえるほど大切で、その知識をもつことで活躍の幅も広がります。

介護事務の知識

介護事務のお仕事とは?

介護報酬請求業務

提供したサービスを内容ごとに決まった単位に置き換え、一定の書式に沿って明細書を作成する業務です。

ご利用者の受付手続きや会計

サービス提供機関での新規利用者の受付、サービス内容と手続きの説明、利用者から自己負担金の受取りなどもおこないます。

介護に関する手続きやサポート

サービスの利用希望者に代わって、市町村に要介護認定の申請手続きをフォローします。
介護保険の受給資格を確認し、利用者・市町村・業者との連絡にあたるケアマネジャーの業務をサポートします。

その他事務全般

介護サービスは医療機関や福祉用具レンタルなど、他の事業者との関係があって成り立ちます。事業者やスタッフ間の連絡調整、各事業者から届く書類の取りまとめなど、一般事務と同様のオフィスワークも重要となります。

よくあるご質問

介護事務は、医療事務とは何が違うのですか?

医療事務は、病院やクリニックで行われた診療行為に対する診療報酬の請求事務です。
介護事務は、介護サービスの提供機関で行われた介護報酬の請求事務です。

介護関連の経験や知識がまったくなくても受講できますか?

受講生のほとんどが初心者の方です。
ソラストのテキストは、基礎から段階を踏んでしっかり学習できるので、基礎力から応用力までしっかり身につきます。

学習内容は暗記する必要がありますか?

暗記は必要ありませんので、ご安心ください。
講座では、介護報酬の算定方法・ルールをしっかり学習し、試験の際は、テキストを見ながら受験OKです。

閉じる
【社員限定ページ】介護事務講座
〈教材のみ /4点〉