介護事務講座

通信講座 標準4ヶ月

介護事務について

介護サービス提供に欠かせない存在

介護保険制度に基づき介護サービスを提供する介護事業所や福祉施設。そこでは、サービス提供の対価として、介護報酬を請求する仕事が必ず発生します。これが介護報酬請求事務という仕事。スムーズな事務処理は、サービス提供機関の経営を支えるうえで不可欠です。

ますます増える介護サービス利用者。介護報酬請求事務のできるスタッフが必要です。

超高齢社会で、介護サービスを利用される方や介護サービスを提供する事業所の数も増えています。ますます拡大する介護業界において、介護事務の活躍の場が広がります。

介護事務のお仕事とは?

・介護報酬請求業務

提供したサービスを内容ごとに決まった単位に置き換え、一定の書式に沿って明細書を作成する業務です。

・ご利用者の受付手続きや会計

サービス提供機関での新規利用者の受付、サービス内容と手続きの説明、利用者から自己負担金の受取りなどもおこないます。

・介護に関する手続きやサポート

サービスの利用希望者に代わって、市町村に要介護認定の申請手続きをフォローします。
介護保険の受給資格を確認し、利用者・市町村・業者との連絡にあたるケアマネジャーの業務をサポートします。

・その他事務全般

介護サービスは医療機関や福祉用具レンタルなど、他の事業者との関係があって成り立ちます。事業者やスタッフ間の連絡調整、各事業者から届く書類の取りまとめなど、一般事務と同様のオフィスワークも重要となります。

講座の特長

介護事業所を縁の下で支える

超高齢者でますます増える介護サービス提供事業所。そこで欠かせない介護報酬の請求事務を担うのが「介護事務管理士」。介護保険制度、介護報酬の算定の知識の他、介護事務全般に必要な知識を、基本からムリなく学んで身に付けていただけるので、初心者にもおすすめの講座です。

対象者

  • ・介護関連分野で働きたい方
  • ・介護報酬の知識を身につけたい方

学習カリキュラム

[標準学習期間] 4ヶ月 (在籍期間12ヶ月) [学習レポート] 全3回

1ヶ月 制度のしくみ
・制度のしくみ・支給限度額・給付管理業務・請求と支払い
第1回レポート
2ヶ月 介護報酬の算定/レセプトの書き方1
・居宅サービスの算定・支援サービスの算定・居宅サービスの請求書類の書き方・支援サービスの請求書類の書き方
第2回レポート
3ヶ月 介護報酬の算定/レセプトの書き方2
・施設サービスの算定・施設サービスの請求書類の書き方・地域密着型サービス
第3回レポート
4ヶ月 利用者負担の徴収/他制度との関係/介護従事者の基本知識 第3回レポート

教材

わかりやすく段階的に身につくテキスト

必要な知識を、イラストと例題でわかりやすく解説。また、基礎から応用へ、段階を追って着実に習得できるような構成が、ソラストのこだわりです。介護事務の現場を熟知しており、長年の講座運営で培ったノウハウが詰め込まれたテキストだから、しっかりムリなく習得できます。

実務でも力を発揮するレセプト用紙とコード表

介護事業所で作成する「介護給付費明細書」(介護レセプト)。実際に使用されるものと同じレセプト用紙を用いて学習するので、実務でスキルを発揮しやすい!また介護事務に欠かせないサービスコード表も継続活用できて便利!と好評です。

テキストのイメージ1
テキストのイメージ2
  • メインテキスト4冊/介護給付費明細書・請求書1冊/学習レポート2回分 ほか

学習サポート

質問制度

学習中の疑問点・不明点は、電話・メール・FAX・郵送により質問できます。
回答は専任講師が丁寧に行いますので、初めて通信講座で学習される方も安心です。

無料延長

標準受講期間内に修了できなくても、在籍期間は12ヶ月ありますのでご自身のペースに合せて学習が進められます。

目指せる資格

目指せる資格

介護事務管理士®
介護報酬の算定に関する知識とスキルの証になります。在宅受験が可能です。

試験概要

受講料と各種割引制度

受講料 ⇒キャンペーン価格
(2017/9/7~11/30まで)
36,500円
(税込 39,420円)
26,852円
(税込 29,000円)

※キャンペーン期間中は一律でキャンペーン価格となりますので、各種割引の併用はできません。