調剤薬局事務講座

通信講座 標準3ヶ月

調剤薬局事務について

医薬分業の急進で求められる調剤事務

医療機関で処方せんを発行され、患者さんはその処方せんを調剤薬局へ提出し、お薬を受け取ります。この“医薬分業”の急進により、院外処方せんの枚数は急増しています。それに伴い、調剤薬局やドラッグストアでは処方せんに基づいた調剤とレセプト作成を行う業務も増えています。 調剤報酬や医療保険制度、薬に関する知識はもちろん、薬剤師をサポートする大切な役割を担う一員として、「調剤薬局事務管理士」のニーズも高まっています。

「かかりつけ薬局」として患者さんに寄り添う役割も

調剤薬局では、患者さん宅での服薬指導や在宅介護の支援など、地域に密着した「かかりつけ薬局」として、高齢社会を支える役割を担います。患者さんやお客さんに寄り添う温かい対応、それも調剤薬局事務には必要なスキルです。

講座の特長

調剤薬局事務のスペシャリストをめざす

調剤薬局において、保険の確認や調剤報酬請求明細書(レセプト)の作成など、薬局収入の根幹を担う調剤報酬請求のスペシャリストが「調剤事務管理士」。調剤薬局事務に必要な知識を、基本からムリなく学んで身に付けていただけるので、初心者にもおすすめの講座です。

50年の実績ある医療事務講座のノウハウが詰め込まれた「調剤薬局事務講座」

日本初の医療事務専門養成機関として設立されたソラスト(旧・日本医療事務センター)。
以来50年間、医療事務の人材育成、病院の収入を支える診療報酬請求業務の受託などを通じて、ソラストはどこよりも医療に関わる事務業務を熟知しています。
そのノウハウが、調剤薬局事務講座にも存分に活かされているから、理解しやすさが違います。

基本から無理なく学んで資格が取れる

「医療保険制度」「調剤報酬の計算」「レセプトの作成の仕方」の他、調剤薬局の“顔”として必要なスキルである「接遇マナー」など、調剤薬局事務に必要な知識を、基本からムリなく学んで資格取得が目指せます。

対象者

  • ・調剤薬局で働きたい方
  • ・身近な薬の基本知識を学びたい方

学習カリキュラム

[標準学習期間] 3ヶ月 (在籍期間12か月) [学習レポート] 全3回

1ヶ月 ・医療機関と薬局・医療保障制度・保険給付
・調剤薬局事務の仕事・調剤報酬の算定
第1回レポート
2ヶ月 調剤報酬の算定方法 第2回レポート
3ヶ月 ・レセプトの記載方法・点検・薬の基礎知識
・接遇マナー・その他の関連制度
第3回レポート

教材

わかりやすいオリジナルテキスト

ソラストが長年培ったノウハウを注ぎ込んだテキストの、質の高さとわかりやすさは、どのスクールにも負けません。
初めて学ぶ方も、読み進めるだけで基本から順を追って理解できます。

テキストのイメージ1
テキストのイメージ2
  • メインテキスト2冊/トレーニングブック1冊/学習レポート3回分/調剤報酬明細書1冊 ほか

学習サポート

質問制度

学習中の疑問点・不明点は、電話・メール・FAX・郵送により質問できます。
回答は専任講師が丁寧に行いますので、初めて通信講座で学習される方も安心です。

無料延長

標準受講期間内に修了できなくても、在籍期間は12ヶ月ありますのでご自身のペースに合せて学習が進められます。

目指せる資格

目指せる資格

調剤事務管理士®
調剤報酬の算定に関する知識とスキルの証となります。
在宅受験が可能です。

試験概要

受講料と各種割引制度

受講料 ⇒キャンペーン価格
(2017/12/04~2017/12/25)
35,000円
(税込 37,800円)
28,000円
(税込 30,240円)

※キャンペーン期間中は一律でキャンペーン価格となりますので、各種割引の併用はできません。