医療事務講座 医科

通信講座 ハイブリッド 標準5ヶ月

医療事務とは

医療事務の仕事とは

医療機関での受付、会計、診療報酬業務をはじめ、カルテ管理や医師・看護師のサポートまで、医療機関における事務的業務は「医療事務」と呼ばれています。医療保険制度や診療費の計算ルールの知識、そして患者さん対応力は、どの業務においても欠かせない基本スキルです。

医療事務の変遷

病院を
とりまく社会

国民皆保険制度の確立

医療事務に
求められるスキル

医療事務の誕生

1961診療報酬請求が多忙、医師やその家族が病院を
休診させてまで行わないと間に合わない事態に
診療報酬の請求が専門にできるスキルが
求められる
医療事務業務の外部委託が始まる
診療報酬請求がスピーディーかつ正確にできるスキルが求められる
医療が「サービス」として厚生白書で公的に
認識される。患者さんから病院は選ばれる時代に
患者さんにわかりやすく、丁寧な応対=
病院接遇のスキルが求められる
個人情報保護法全面施⾏により、患者さん
個人の情報管理ニーズが高まる
病院独特な個人情報の取扱いについての
スキルが求められる
現在医療事務講座は、通信講座・通学講座から
ハイブリッド講座へ
  • 通信講座通学講座の学び方の良いところを組み合わせ”
  • 資格取得と、仕事に役立つ実践力を身につける”

それが、ハイブリッド講座

医療現場で求められる即戦力が
ハイブリット講座で学べます!!

資格取得に必要なスキル
  • ・医療保険制度のスキル
  • ・診療報酬請求スキル
  • ・レセプト作成・点検スキル
医療現場で求められるスキル
  • ・接遇コミュニケーションスキル
  • ・個人情報取り扱いスキル

ソラストの医療事務講座の特徴

学びの効果を最大化する
ソラストのハイブリッド講座

知識および技術の習得のプロセスにもっともふさわしい学習スタイルを組み合わせ、学びの効果を最大化するのがソラストのプログラムです。

ハイブリッド講座プログラム


医療事務を知り尽くした専門家がつくる、わかりやすいオリジナルテキスト テキスト

女性に人気!子育てしながら働ける!と聞いて始めたけど、意外と難しい医療事務。スクール選びは学習の重要なポイントです。 50年間の講座運営の実績があり、医療事務を知り尽くしたソラストがつくるテキストは、わかりやすさにこだわりました。

テキストのイメージ1
テキストのイメージ2
  • ●テキスト1 医療保障制度
  • ●テキスト2 算定とレセプト(上)
  • ●テキスト3 算定とレセプト(下)
  • ●テキスト4 トレーニングブック
  • ●テキスト5 サポートブック
  • ●診療報酬明細書
  • ●学習レポート集
  • ●医療診療報酬点数表
  • など

こだわり1:基礎から応用へ、反復学習を取り入れた編集

例題・解説・練習問題を盛り込み、理解しやすいつくりを追及してます。

こだわり2:徹底的な試験対策とスキルを身につけるための課題レポート

間違いやすいポイントや、試験に出題されやすい問題を5種類の課題レポートに詰め込みました。

こだわり3:いつでも最新の制度を反映

2年に一度の制度改訂に合わせてテキストをいち早く改版しています。

学習カリキュラム

標準5ヶ月/学習レポート全5回

医療事務には欠かせない医療保障制度や診療報酬請求の基本を理解します。
算定項目ごとに、レセプト作成を通じて算定のポイントと作成技術を学びます。

1ヶ月 医療機関の概要、医療保障制度、保険給付、レセプトの基礎知識、点数算定の原則
算定とレセプト 初診・再診、医学管理等、在宅医療
第1回
レポート
2ヶ月 算定とレセプト 投薬、注射、処置、リハビリテーション 第2回・第3回
レポート
3ヶ月 算定とレセプト 検査、病理診断、手術、麻酔 第4回
レポート
4ヶ月 算定とレセプト 画像診断、精神科専門療法・放射線治療、入院、レセプト点検、その他の関連制度 第5回
レポート
5ヶ月 ※提出した全5回のレポートが合格基準に達していれば修了となります

一人ひとりにあった使い方

  • ・WEB動画を先に見て、
    ポイントを理解してから、
    テキストでじっくり学ぶ。
  • ・テキストで学習してから、
    WEB動画でポイント復習。

どちらでもOK。

単なる講義映像ではない、通学同等のライブ感ある映像 映像

WEB動画サンプル

映像教材の特徴と使い方

WEB動画の視聴について

こだわり1:理解を深めるために、ポイント徹底解説

長年の通学講座のノウハウをもとに、受講生から質問が多かった点などにポイント絞って徹底解説しています。

こだわり2:まるで教室で医療事務講座を受けているかのようなライブ感

医療事務を本当に理解してもらいたいから、単なる講義映像ではなく、わかりやすく語りかけるように講師が説明しています。

こだわり3:自分の学習スタイルにあわせて視聴できるためのつくり

テキストを手元に置いていなくても、映像を視聴するだけで、自然とポイントがつかめ理解が深まるつくりです。


5種類の課題レポートで理解度を確認 添削・質問

レポートは、専門講師が丁寧に添削し、解説。苦手ポイントの把握と克服につながります。

直接講師へ質問できる専用フリーコール

学習中わからないことは、電話・メール・FAX・郵送で何度でも質問OK。直接講師へ質問できる専用のフリーコールがあるから、的確にアドバイス可能です。


現在の病院で求められる実践スキルを身につける トレーニング

医療従事者として最も大切なことは、患者さんへの接し方、患者さんの個人情報を適切に取り扱うこと。
実際の現場で起こる豊富な事例を体感できる実践トレーニングによって本当に必要な人材像に近づくことができます。

接遇トレーニング(オンライン受講)

実際の場面を想定したロールプレイングで、病院で求められる接遇・コミュニケーションを体感。

  1. 1. 医療現場で求められる接遇・コミュニケーション
  2. 2. 接遇の基本
  3. 3. ロールプレイング
  4. 4. まとめ

個人情報トレーニング(オンライン受講)

日々、全国の現場で起こっている最新かつ豊富な具体例をもとにしているから、社内でも効果を発揮。

  1. 1. 個⼈情報保護法は何のための法律か?
  2. 2. 個⼈情報とは何か?
  3. 3. 個⼈情報保護法が求めていること
  4. 4. 個⼈情報保護法に違反すると
  5. 5. 医療機関で取り扱う個人情報
  6. 6. 事例から学ぶ
  7. 7. まとめ

学習サポート

質問制度

学習中の疑問点・不明点は、電話・メール・FAX・郵送により質問できます。
回答は専任講師が丁寧に行いますので、初めて通信講座で学習される方も安心です。

無料延長

標準受講期間内に修了できなくても、在籍期間は12ヶ月ありますのでご自身のペースに合せて学習が進められます。

目指せる資格

目指せる資格

医科 医療事務管理士
医療保険制度や診療報酬の仕組みを理解し、正確に診療報酬が算定できるなど、医療事務スタッフには欠かせないスキルを証明します。

試験概要

  • 【実施月】年6回(1月・3月・5月・7月・9月・11月)
  • 【受験料】7,500円
  • 【主 催】技能認定振興協会(JSMA)
  • 【受験形態】在宅受験 または 会場受験

コース一覧

トレーニングは受けられないけど、医療事務の実務を見据えてしっかり学びたい方。
医療事務講座 医科 WEB plus ウェブ プラス

厚生労働省「教育訓練給付制度」対象

テキスト映像添削・質問標準5ヶ月課題レポート全5回

受講料 ⇒キャンペーン価格
(2017/12/4~12/25まで)
66,400円
(税込 71,712円)
46,480円
(税込 50,198円)

受講料と各種割引制度の詳細はこちら

※キャンペーン期間中は一律でキャンペーン価格となりますので、各種割引の併用はできません。

受講申込


将来の就職に備えて、まずは資格取得を目指す方
医療事務講座 医科通信

厚生労働省「教育訓練給付制度」対象

テキスト添削・質問標準5ヶ月課題レポート全5回

受講料 ⇒キャンペーン価格
(2017/12/4~12/25まで)
45,300円
(税込 48,924円)
31,710円
(税込 34,247円)

受講料と各種割引制度の詳細はこちら

※キャンペーン期間中は一律でキャンペーン価格となりますので、各種割引の併用はできません。

受講申込


資格と即戦力となるための実践力を身につける
医療事務講座 医科ハイブリッド

厚生労働省「教育訓練給付制度」対象

テキスト映像添削・質問トレーニング標準5ヶ月課題レポート全5回

トレーニングはオンライン受講です。医療事務の知識だけではなく、接遇や個人情報についてWEB動画トレーニングで即戦力となるための実践力も身につけます。

受講料 ⇒キャンペーン価格
(2017/12/4~12/25まで)
82,400円
(税込 88,992円)
57,680円
(税込 62,294円)

受講料と各種割引制度の詳細はこちら

※キャンペーン期間中は一律でキャンペーン価格となりますので、各種割引の併用はできません。

受講申込


クリニックに特化した医療事務の速習コース
医療事務講座 クリニックコース

テキスト添削・質問標準3ヶ月課題レポート全3回

一般的な医療事務講座は、さまざまな診療科の“外来診療”や“入院診療”に掛かる診療報酬について幅広く学習します。そのため、あらゆる規模の医療機関で働くことが可能です。
「クリニックコース」は、“外来診療”がメインである「クリニック」に特化しているため、一般的な医療事務講座よりも学習範囲が少なく、短期間で修了することが可能です。ご自宅近くの「クリニック」で働きたい方におススメのコースです。

「クリニック」と「病院」の違いとは?

入院施設がない・もしくは入院病床数(入院用のベッド数のこと)が19床以下の医療機関を「クリニック(診療所・医院)」、20床以上ある医療機関を「病院」と呼び、医療法によって区分されています。
「クリニック」と「病院」は、それぞれ役割があり、「病院」は入院診療が中心であるのに対し、外来診療が中心の「クリニック」は、プライマリケア(初期段階の医療)を行う“ホームドクター(かかりつけ医)”の役割が期待されています。

学習内容

  • クリニックと医療事務の概要 / 医療保障制度のしくみ / 医療保険給付 / 医療事務の基本
  • 公費負担医療制度 / レセプトの基礎知識 / 点数算定の原則 / 診察料の算定 /
  • 内科・整形外科・耳鼻科・眼科・皮膚科の各診療科の診療の流れから点数算定 など

教材内容

メインテキスト 3冊/サポートブック 1冊/学習レポート

目指せる資格

医科クリニック事務管理士

試験概要

受講料 学生割引/紹介割引/修了生割引
のいずれかを適用
26,000円
(税込 28,080円)
23,400円
(税込 25,272円)

受講料と各種割引制度の詳細はこちら

受講申込