受講料・割引制度

お支払い方法

お申込の講座・商品により、選択できるお支払い方法が異なります。

通信講座 クレジットカード決済(一括/分割)
GMO後払い
学費ローン(信販会社との契約)
受講お申込み手続き後、そのまま決済画面の案内に従い、お手続きください。
決済完了後、教材をお届けいたします。
WEBセミナー クレジットカード決済(一括/分割) 受講お申込み手続き後、そのまま決済画面の案内に従い、お手続きください。
1~3営業日以内に、ご登録いただいたメールアドレスにIDとパスワードを送付いたします。
実務者研修
(通学講座)
郵便振替・コンビニ支払い
学費ローン(信販会社との契約)
当社から送付いたします専用の「振込取扱票」にて、お近くの郵便局またはコンビニエンスストアにてお振込みください。

※ オンラインショップでのお支払いについては、こちらを参照してください。

クレジットカード決済

※手数料無料(但し、「一括払い」以外はカード会社所定の手数料が掛かります。)

【取扱いカード】
カード会社は VISA/MASTER/JCB/AMEX/Diners からお選びいただけます

クレジットカード

【ご利用可能な支払回数】

  • VISA/MASTER: 一括、ボーナス一括、リボ、分割
    (2, 3, 5, 6, 10, 12, 15, 18, 20, 24回)
  • JCB/AMEX: 一括、ボーナス一括、リボ、分割
    (2, 3, 5, 6, 10, 12, 15, 18, 20, 24回)
  • DinersClub: 一括、ボーナス一括、ボーナス分割、リボ

GMO後払い

※手数料無料

  • 請求書は商品と一緒にお届けしますので、お近くの コンビニエンスストア・郵便局(ゆうちょ銀行)・銀行・LINE Payにてお支払いください。
    GMO後払い
    ※ギフトなど、購入者様住所と商品配送先住所が異なる場合は、購入者様のご住所宛に請求書をお送りします。
    ※郵便局でのお支払いには、払込票をご利用ください。 電信振替はご利用いただけません。
    ※銀行振込の場合の手数料はお客様負担となります。また、振込先の口座番号はお取引ごとに毎回異なりますので、請求書に記載された口座番号をご確認ください。
  • お支払い期限 請求書発行から14日以内にお支払いください。お支払い期限は請求書にも 記載しております。

【GMO後払いに関するご注意】

  • ご利用にあたり審査がございます。審査結果によっては「GMO後払い」を ご利用いただけない場合がございますので、その場合には別のお支払方法へ変更をお願いします。
  • 「GMO後払い」はGMOペイメントサービス株式会社が提供するサービスです。 当社はGMOペイメントサービス株式会社に対しサービスの範囲内で個人情報を提供し、 代金債権を譲渡します。
  • ご利用限度額はGMO後払い累計で、108,000円(税込)です。(他店舗でのご利用金額を含みます)
    ※「LINE Pay 請求書支払い」は請求金額が49,999円(税込)までの請求書にてご利用いただけます。
  • 商品のお届け先が「運送会社留め」「郵便局留め」、また「学校」「病院」 「ホテル」など一時滞在となる場合は、後払いをご利用いただけません。商品の転送サービスもご利用いただけません。
    ※お届け先が勤務先の場合はご利用いただけますのでご住所の後に「勤務先」とご入力ください。
    ※ギフトのお届け先が一時滞在となるご住所の場合にはご利用になれます。

→詳細はGMOペイメントサービス(株)のサイトをご参照ください。

学費ローン

学費ローン

お申込み受付後、取扱信販会社(株式会社ジャックス)よりメールにてローン手続きのご案内をお送りします。
必要事項を入力いただき、信販会社による審査となります。
(審査結果によっては、ご利用いただけない場合もありますので、ご了承下さい。)

  • 学費ローンのご利用は、信販会社からの引き落としとなります。
    審査結果の承認後、翌月からの引き落としとなります。
■割引適用により『第2回目以降の分割支払金欄』が3,000円未満になった場合、その支払回数は利用できません。
■支払総額が 20,000円未満の取り扱いができません。

トップへ戻る

割引制度

学生割引

内容 高校、専門学校、短大、大学に在学中の方は、受講料の10%を割引いたします。
ご利用方法
  • Webまたは申込専用ハガキでのお申し込みのは、割引欄の「学生割引」にチェックしてください。
  • 電話でのお申し込みは、「学生割引」利用する旨をお伝えください。
注意事項
  • 学校法人対象となります。
  • お申し込み後、確認のため学生証の提示、または学生証のコピーをご提出いただきます。
  • 他の「割引制度」との併用はできません。

  • 「教育訓練給付制度」および「自立支援教育訓練給付金事業」との併用はできます。
    (※ 一部講座は除く。各制度対象講座・支給要件等は こちらでご確認下さい)

  • ※「実務者研修」は割引対象外です。

トップへ戻る

受講生・修了生割引

内容 過去にソラスト(旧ニック教育講座)で受講された方、または現在受講中の方は、受講料の10%を割引いたします。
ご利用方法
  • Webまたは申込専用ハガキでのお申し込みのは、割引欄の「受講生・修了生割引」にチェックしてください。
  • 電話でのお申し込みは、「受講生・修了生割引」利用する旨をお伝えください。
注意事項
  • ソラスト(旧ニック教育講座)の受講生・修了生が対象となります。
  • 他の「割引制度」との併用はできません。

  • 「教育訓練給付制度」および「自立支援教育訓練給付金事業」との併用はできます。
    (※ 一部講座は除く。各制度対象講座・支給要件等は こちらでご確認下さい)

  • ※「実務者研修」は割引対象外です。

トップへ戻る

紹介割引

内容 ソラスト(旧ニック教育講座)の受講生、または修了生からご紹介を受けた場合、受講料の10%を割引いたします。
ご利用方法
  • Webまたは申込専用ハガキでのお申し込みのは、割引欄の「紹介割引」にチェックをし、紹介者のお名前と受講番号をご記入ください。
  • 電話でのお申し込みは、「紹介割引」利用する旨と、紹介者のお名前と受講番号をお伝えください。
注意事項
  • ソラスト(旧ニック教育講座)の受講生・修了生からのご紹介が対象となります。
  • お申し込み後、本人確認のため紹介者へご連絡させていただく場合がございます。
  • 他の「割引制度」との併用はできません。

  • 「教育訓練給付制度」および「自立支援教育訓練給付金事業」との併用はできます。
    (※ 一部講座は除く。各制度対象講座・支給要件等は こちらでご確認下さい)

  • ※「実務者研修」は割引対象外です。

トップへ戻る

一般教育訓練給付制度

一般教育訓練給付制度とは

働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする厚生労働省による支援制度です。
給付条件を満たす方が、指定コースを受講し、修了した場合、受講料の20%(10万円を限度)が修了後にハローワークから給付されます。

対象者は

以下の1.2.のいずれかの条件を満たしている方が対象となります。

  1. 雇用保険の被保険者である期間が通算3年以上ある方
    ※空白期間が1年以内であること
  2. 現在被保険者でない方で、退職されてから1年以内で、かつ被保険者期間が3年以上であった場合

※上記1.2.とも、初めて教育訓練給付の支給を受けられる方については、被保険者期間が1年以上であればご利用いただけます。

給付対象者チェックシート

給付対象者チェックシート

※ 詳しくはご自身の居住地を管轄するハローワーク(公共職業安定所)にお問合せください。

対象コースは

利用方法は

  1. 受給資格を、ご本人の住所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)にご確認ください。
  2. お申し込み時に、「給付」欄の教育訓練給付制度にチェックをお申し込みください。
  3. 当社より送付いたします「教育訓練給付 利用申込書」に必要事項をご記入の上、ご提出ください。
    〔通信コース〕 レポート課題と併せて送付ください。
  4. 講座修了後、当社から「教育訓練給付金支給申請書」「教育訓練修了証明書」「受講料領収証」をお送りします。
  5. 修了後1ヶ月以内に、「上記4.の書類3点」と「雇用保険被保険者証または雇用保険受給者資格者証」「本人、住所を確認できる官公署の発行した書類」を、ご本人の住所を管轄するハローワークに持参してください。
  6. ハローワークからご本人の指定口座に給付金が振り込まれます。

トップへ戻る

自立支援教育訓練給付金事業

母子家庭の母、または父子家庭の父の主体的な能力開発を支援するもので、雇用保険の教育訓練給付金の受給資格を有していない人が、都道府県、市及び福祉事務所設置町村が指定した教育訓練給付講座を受講し、修了した場合、受講料の60%の自立支援教育訓練給付金が支給されます。

対象者は

支給の対象は、下記の1~2を全て満たす方です。

  1. 児童扶養手当支給水準の母子世帯・父子世帯
  2. 相談者へのカウンセリングを通じて資格取得に結びつき、適職に就かせるために必要であると認められる方

※対象コースは「教育訓練給付制度」と同様です。

利用方法は

各市区町村の福祉関連部署などにお問い合わせください。
この制度を利用するには受講のお申し込み前に、最寄りの福祉関連部署などへの連絡が必要です。
※一部行っていない福祉関連部署などもあります。

トップへ戻る