一人ひとりが保育のプロとして輝き続けられるように、
実務に直結する気づきと学びを提供します。

「すべてはそこに暮らす子どもたちのために」。これが、ソラストの保育サービスのモットーです。ソラストで働く保育スタッフの役割は、子どもたちを太陽のようにあたたかく見守り、ときに力強くはげましながら、小さな芽がすくすくと元気に育つのをサポートすること。一人ひとりがそのために必要な知識とスキルを磨き、保育のプロとして長期的なキャリアを築けるように、ソラストが全力で支援。質の高い教育・トレーニングを通して、保育スタッフのさらなる成長とモチベーションを向上させ、子どもたちやご家族を元気にする保育サービスの実現を後押ししています。

保育スタッフのための教育・トレーニングの特徴

1.すべての子どもたちとご家庭に安心を

子どもたちが園で楽しく過ごすためには、何より安全が第一です。大切なお子さまをお預かりする以上、日々の安全の確保は保育スタッフの最も重要な責務です。ソラストでは、「小児MFAプログラム」※の有資格者をすべての園に配置し、万が一事故が発生しても、迅速かつ的確に対処できる体制を整えています。そのため、すべての常勤保育士と看護師が「小児MFA研修」を受講します。
※小児MFAプログラムは、新生児から10歳くらいまでのお子さんに特有のトラブルを中心に、緊急時の心肺蘇生法や救急法、予防法を習得するプログラムです。

2.一人ひとりが抱えるさまざまな課題に対応

同じ職場には、新人の保育士もいれば、ベテランの保育士もいます。役割や立場が違えば、当然ながら抱えている課題や悩みも違います。ソラストでは、新入社員から、2・3年次、リーダー、主任、園長まで、「階層別の研修」を設け、同じ悩みを共有できる仲間たちと意見を交わし、学び合える機会を用意しています。また、コミュニケーションに特化した研修なども随時行われています

同じ言葉を使っても、一人ひとり受け取り方が違うのだということを改めて認識しました。子どもたちやご家族、スタッフなど、さまざまな人たちと関わる職業だからこそ、伝え方には細心の注意を払いたいと思います。
(研修受講者)

職場でのストレスの対処法を学び、とても勉強になりましたし、実は自分自身が周りにストレスを与えているかもしれないのだと、ハッとさせられました。"わかっているつもり"は、"できている"とは違うのですね。
(研修受講者)

3.向上心の強い人向けに学びの機会が充実

ソラストでは、前述の階層別の研修に加えて、給食研修、OJT研修、セルフケア研修といった「テーマ別の研修」も充実しております。多くの保育スタッフが研修に参加できる機会を計画的に設けて受講し、保育のプロとしてのスキルアップやキャリアアップに取り組んでいます。さらに、e-ラーニング(ソラスクール)により、保育専門スキルやビジネススキルの学習を、保育園にあるタブレットやパソコンで受講できるような環境が整っています。

講師が具体的な事例を交えて話してくださり、とてもわかりやすかったです。ご家族がどうしたら安心できるのか、言葉で伝える力をもっと磨きたいと思いました。
(研修受講者)

ロールプレイングを通して相手の目線に立つことで多くの気づきがあり、自分自身の普段の対応を考え直すきっかけになりました。ここで習得した内容は、園に帰って他のスタッフとも共有したいと思います。
(研修受講者)

保育スタッフのための独自の研修プログラム

ソラストでは、スキルアップやキャリアアップを支援する研修プログラムを幅広く提供しています。保育スタッフとしてのキャリア形成に必要なトレーニングを網羅しています。

種別 トレーニング名 対象者
階層別 園長研修 園長
主任研修 主任
副主任・リーダー研修 副主任・リーダー
中級研修 サブリーダー・入社4年目以上
初級研修 入社3年目
2年次研修 入社2年目
1年次研修 入社1年目
入社時研修 全新入社員
テーマ別 小児MFA研修 全常勤保育士、看護師
インファントセラピスト養成研修 リーダー以上
メンタルケア研修 園長
OJT研修 入社3年目・1年目
セルフケア研修 入社1年目
給食研修 給食責任者

コンテンツの内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。