資格をとるならどっち?医療事務と介護事務の違い | 医療事務・介護の資格取得ならソラスト教育サービス

資格をとるならどっち?医療事務と介護事務の違い

資格をとるならどっち?医療事務と介護事務の違い

結婚や出産、介護などのライフスタイルが変化するタイミングで、働き方を変えることがあります。そんなとき、『安定した仕事に就きたい』という気持ちから、医療事務や介護事務が気になっている人は多いのではないでしょうか。
『全国に働く場所があり、出産・育児をしても復帰できる』そんな仕事があったら、魅力的ですよね。医療事務はこの条件に当てはまります。

医療事務や介護事務と聞いてどのような仕事をイメージしますか?

医療事務は、病院やクリニックを受診した際、受付の人を思い浮かべるのではないでしょうか。
介護事務はあまり馴染みのない言葉なので、なんとなく介護関係の仕事であるというざっくりとした認識の方も多いと思います。

この記事では、
・医療事務と介護事務の仕事について知りたい
・医療事務と介護事務の違いが知りたい
・医療事務と介護事務のどちらが自分に合っているかわからない
といった方に向けて、医療事務と介護事務の違いを理解し、それぞれの働き方のイメージを持てるような情報をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ソラスト教育サービスは、日本で初めて誕生した医療事務専門養成機関です。長年蓄積してきたノウハウを活かし、医療・介護分野での初心者向けの基本講座からスキルアップ講座まで幅広いラインナップを揃え、学習から資格取得、就業までをバックアップしています。

資料請求/講座申込はこちら