看護助手講座(メディカル・ケア・サポーター)

通信講座 標準5ヶ月

看護助手について

需要が高まる看護助手

現在医療の現場では、看護師、准看護師の慢性的な不足が大きな社会問題になっています。配置基準の見直し等により、病院間の看護師の確保競争は激化。一方で、医療技術の進歩に伴い、看護業務はより高度に、かつ多岐にわたっています。さらに高齢社会の進展により、看護には患者さんのお世話だけではなく、高齢者の介護といった業務も多く含まれるなど、看護職員の業務の負担はますます重くなっています。多忙な看護師をサポートし、円滑で質の高い看護のために、看護助手は医療現場ではなくてはならない存在として、その需要はますます高まっています。
総合病院など、規模が大きく、業務も多いものの看護師の数が不足しているような現場では、特に需要が多くなっています。

講座の特長

看護師資格がなくても行える患者さんのサポートに関する業務知識が身につきます。

ベッドメイキング、リネン類の管理、医療機器や診療材料の点検・取扱・整備、検査物品の取扱など、看護師の資格がなくても行える、患者さんの生活に関わるサポート業務の知識を身につけることができます。入院病棟などで患者さんと関わることが多い人におススメです。

学びやすくわかりやすい。安心・充実の教材

・看護助手を指導する立場にある、現職の医療従事者がわかりやすく執筆!
・「メディカル・ケア・サポーター」として知っておくべきこと、直ぐに役立つ動作等を、基本から応用まで順序よく解説!
・写真や図解・イラストを多用して、仕事内容や大事なポイントを視覚的に覚えることができ、実務の即戦力技能を習得!
・ページ脇に注釈がついているので、難しい用語も一目瞭然!
・各巻にそれぞれ索引がついているので、学習に便利!

対象者

  • ・人の役に立つ、やりがいを実感できるお仕事をしたい方
  • ・看護の現場に携わりたい方

学習カリキュラム

[標準学習期間] 3ヶ月 (在籍期間12ヶ月) [学習レポート] 全4回

1ヶ月 メディカル・ケア・サポーターとは
医療法やわが国の疾病構造の変化/病院・診療所や院内の組織など
第1回レポート
2ヶ月
3ヶ月
入院患者さまのお世話
ベッドメイキングやリネン類の管理/病室の整備や調整/病床のまわりの清潔や整頓/患者の身体の清潔や更衣/食事・排泄のお世話/体位交換、患者の移送など
第2回レポート
4ヶ月
5ヶ月
医療従事者を支える仕事
医療機器や診療材料の点検・取扱・整備/消毒薬などの取扱/検査物品の取扱/汚染物や廃棄物の取扱/診療に必要なデータなどの整理や保管など
第3回レポート

教材

メインテキスト5冊/学習レポート3回分 ほか

学習サポート

質問制度

学習中の疑問点・不明点は、メール・FAX・郵送により質問できます。
回答は専任講師が丁寧に行いますので、初めて通信講座で学習される方も安心です。

無料延長

標準受講期間内に修了できなくても、在籍期間は12ヶ月ありますのでご自身のペースに合せて学習が進められます。

目指せる資格

目指せる資格

メディカル・ケア・サポーター
「メディカル・ケア・サポーター」は、看護助手として求められる医療や看護に関する基本的な知識を習得し、発揮することができると認められた看護助手の資格です。
当講座は技能認定振興協会(JSMA)の「メディカル・ケア・サポーター」の認定講座です。講座修了後は、この「メディカル・ケア・サポーター」の技能認定を申請することができます。

試験概要

受講料と各種割引制度

受講料 学生割引/紹介割引/修了生割引
のいずれかを適用
37,000円
(税込 39,960円)
33,300円
(税込 35,964円)

受講料と各種割引制度の詳細はこちら