よくあるご質問

講座名を選択して下さい。

医療系講座

医療事務講座

「医科」と「歯科」は何が違うのですか?

「医科」は、病院・クリニックの歯科を除く全ての診療科の請求事務について学習します。「歯科」は、お口の中(口腔内)の病気や治療に特化した学習のため、比較的学びやすく歯医者さんで働きたい方におすすめです。

医療関連の経験や知識がまったくなくても受講できますか。

受講生のほとんどが初心者の方です。ソラストのテキストは、基礎から段階を踏んでしっかり学習できるので、基礎力から応用力までしっかり身につきます。

「医療事務管理士」の資格は、どこでも使えますか?

全国どの医療機関(病院・クリニック)でも通用する資格です。

医療事務講座には、受講料の割引制度等はありますか?

各種割引制度をご用意しています。詳しくは受講料・割引制度をご覧ください。

ホスピタルコンシェルジュ講座

医療事務の知識がなくても受講することはできますか?

できます。医療機関の現場で患者さんと接するために必要な接遇と実務知識が基礎からしっかりと習得できますので、医療機関での受付業務で働きたい方にはおすすめの講座です。

資格試験はありますか?

あります。技能認定振興協会(JSMA)実施の「ホスピタルコンシェルジュ検定試験」に対応した講座です。医療経験が全く無いまたは経験が浅い方は、3級検定受験がおすすめです。

「ホスピタルコンシェルジュ検定試験」とはどのような試験ですか?

技能認定振興協会(JSMA)実施の試験であり、レベルにより1級〜3級まで行っています。
接遇技術と実務知識を評価し接遇能力をいわば可視化するものであり、自分の接遇レベルが把握できます。

受講料の割引制度等はありますか?

各種割引制度をご用意しています。詳しくは受講料・割引制度をご覧ください。

DPC講座

受講資格はありますか?

特にありませんが、医療事務の知識がベースとなりますので、医療事務講座修了相当の知識が必要となります。

資格試験はありますか?

あります。技能認定振興協会(JSMA)実施の「DPC/PDPS 初級技能認定試験」に対応した講座です。

DPCスキルは必要なのですか。

近年対象病院も増え、今後急性期医療に対する適用範囲が拡大していくことは必須です。急性期病院では避けて通れない「DPCによる包括評価制度」の導入に備え、医療機関全体でDPCスキルを高めていく必要があります。

受講料の割引制度等はありますか?

各種割引制度をご用意しています。詳しくは受講料・割引制度をご覧ください。

調剤薬局事務講座

調剤薬局と普通の薬局は何が違うのですか?

調剤薬局とは、医師が発行した処方せんを元に薬を調剤する「保険薬局」のことです。「処方せん受付」という看板が出ている薬局がそうです。

医療事務や介護事務とは何が違うのですか?

医療事務は、病院やクリニックで行われた診療行為に対する診療報酬の請求事務です。介護事務は、介護サービスの提供機関で行われた介護報酬の請求事務です。調剤薬局事務は、薬局で処方せん調剤を行われた調剤報酬の請求事務です。

医療関連の経験や知識がまったくなくても受講できますか。

受講生のほとんどが初心者の方です。ソラストのテキストは、基礎から段階を踏んでしっかり学習できるので、基礎力から応用力までしっかり身につきます。

「調剤事務管理士」の資格は、どこでも使えますか?

全国どの調剤薬局でも通用する資格です。

受講料の割引制度等はありますか?

各種割引制度をご用意しています。詳しくは受講料・割引制度をご覧ください。

看護助手講座(メディカル・ケア・サポーター)

医療・看護の知識がなくても受講することはできますか?

できます。受講資格はありませんので、初めての方でも基礎からしっかりと身につくようなカリキュラムとなっています。

認定資格はありますか?

あります。講座修了後技能認定振興協会(JSMA)に申請・登録することで「メディカル・ケア・サポーター」資格に認定・付与されます。登録は希望者のみとなります(登録料3,000円)。

この講座を受講したら、今後どう活かせるのですか?

病院で患者さんと関りあいをもったお仕事ができます。また、医療業務のお仕事をされている方は、看護助手の仕事をこなせるようになり、病院内での仕事を選択する幅が広がります。
現在、無資格で看護助手の業務を行っている方には、「メディカル・ケア・サポーター」資格によって、技能や経験が認定されるほか、正しい知識や技能の再確認・レベルアップを図ることができます。

受講料の割引制度等はありますか?

各種割引制度をご用意しています。詳しくは受講料・割引制度をご覧ください。

福祉系講座

介護事務講座

介護事務管理士の勤務先はどのようなところですか?

「居宅サービス提供機関」「ヘルパーステーション」「老人保健施設」「特別養護老人ホーム」「在宅ケアセンター」 「病院・クリニック」など様々な介護サービス提供機関で働けます。

医療事務とは何が違うのですか?

医療事務は、病院やクリニックで行われた診療行為に対する診療報酬の請求事務です。介護事務は、介護サービスの提供機関で行われた介護報酬の請求事務です。

医療・介護関連の経験や知識がまったくなくても受講できますか。

受講生のほとんどが初心者の方です。ソラストのテキストは、基礎から段階を踏んでしっかり学習できるので、基礎力から応用力までしっかり身につきます。

「介護事務管理士」の資格は、どこでも使えますか?

全国どの介護サービス提供機関でも通用する資格です。

受講料の割引制度等はありますか?

各種割引制度をご用意しています。詳しくは受講料・割引制度をご覧ください。

高齢者傾聴士講座

高齢者傾聴士講座を修了すると、何に役立ちますか?

「お年寄りが満足できるコミュニケーションの方法を学ぶため、自分に自信がつき、介護上のストレスも軽減します。
ヘルパーの方の場合、身体的な介護技術だけでなく精神的なケアも担える質の高いヘルパーとして活躍できます。プロのカウンセラーも使用しているカウンセリングの基礎技術「傾聴」がしっかり学べるので、これからカウンセラーを目指す方の基礎勉強としても役立ちます。

コミュニケーション技能の講座ですが、本当に通信教育で身につきますか?

テキストに加え、多くの会話例によるケーススタディ(事例研究)や、DVDによる傾聴学習、カセットテープによる会話の体験学習など、ヘルスカウンセリング学会の監修による工夫を凝らした教材とプログラムで、通信教育でも確かな傾聴技術を無理なく身につけることができます。
予備知識は一切不要。やさしく説明しているので、初めてカウンセリングに触れる方でも取り組みやすく安心です。

どんな人が受講していますか。

20代から50代まで幅広い年代の方が受講されています。50代以上の方も比較的多く、学びやすさや活用の場の多さが伺えます。
職業別では、ホームヘルパーや施設職員などの介護従事者をはじめ、接客業・サービス業、また主婦の方の受講も多く見受けられます。

受講料の割引制度等はありますか?

各種割引制度をご用意しています。詳しくは受講料・割引制度をご覧ください。